サンミモレ化粧品とは

あなたのお肌は燦美母麗?

角質同着法による体感指導が普及した理由は素肌が、“より若くより美しく”なるからです。
実際に使ってみてサンミモレファンデーションの使いごごちの良さを知った方が口コミで広めて普及したのです。
“より若くより美しく”の基本は 素肌の若さと美しさです。
これは年齢が若いことではなく、同年代に比べて素肌がいつまでも美しく老化しないことです。それはサンミモレファンデーションを使って実現します。

サンミモレファンデーションを使うに当たっては まず正しい角質同着法を身に着けましょう。角質同着法によって、従来のファンデーションとは全く使用感の違うものとなります。一般のお化粧法はお顔を美しく見せる化粧法です。しかしサンミモレファンデーションは違います。素肌の若さと美しさを保つ化粧法です。
親水性のサンミモレファンデーションをたっぷりお顔につけて、マッサージの要領でまんべんなく滑りがとまるまでつけます。お顔の一番表面にある新生角質にしっかり同着しますと、疎水性のある奇跡のサンミモレベールに変化するのです。角質だけに同着するので毛穴や汗口を塞がず皮脂や汗の分泌、排泄を妨害しないので、素肌のようなすべすべしたベールになるのです。そのベールが外界の汚れや紫外線からお肌を守ります。

新生角質は毎日剥離して垢となって離散します。サンミモレベールはこの一番外側の新生角質に同着するので、一日限りの新生角質と一緒に落とすことができます。くちゃくちゃソープの泡で新生角質を落とせばベールも一緒に落とすことができるのからクレンジングはする必要がありません。

使い方は簡単。
まずくちゃくちゃソープでよく洗顔してから、直接サンミモレファンデーションを手のひらに十円玉くらいたっぷりとのせて伸ばし、お肌をマッサージするようにお顔全体に万遍なく伸ばし、すべりが止まるまで塗り込みます。
新生角質にしっかり同着し、まるでお肌にベールを掛けたように自然な美しさを表現。
乾燥肌の方や冬には 下地クリームの代わりに 当社のアルガンフェイスジェルを使って下さい。アルガンフェイスジェルとサンミモレファンデーションとの相乗効果で一日中しっとり仕上がります。

夜はナイトケアで一日の汚れをしっかりとり、たっぷりと栄養を与えて就寝すれば、より若く、より美しくを可能にするのです。

商品特長

「アトピーやアレルギーなどで、
化粧がしたくてもできない」。
私たちは多くの女性の悩みを解消する
化粧品の開発に成功しました。

サンミモレファンデーションは親水性タイプのファンデーションなのでヒフ呼吸を妨げず、ヒフの新陳代謝を妨げません。サンミモレファンデーションは皮脂や汗の分泌・排泄を妨げることなく、素肌を外界の刺激や雑菌から守り、ヒフ自身の持つ生理機能を助けます。
アトピー体質の方々、肌が弱くほかの化粧品が合わなかった方々がたくさん使っていらっしゃいます。

敏感肌やアトピーで
お悩みの方に
試して欲しい化粧品です。

さらっとした感覚で
角質に同着すると
汗や水でも崩れません。

親水性タイプでありながら新生角質に同着すると
”あら、不思議?”汗で崩れず水で流れ落ちない
サンミモレベールができあがります。

サンミモレファンデーションは角質に同着し、素肌感覚のお化粧ができます。なめらかにのびる軽やかな質感で、重ねづけしても肌印象は自然なまま。シミやくすみの気になる部分をきちんとカバーしながら、素肌以上の透明感と、やわらかな輝きを与えます。
汗をかいてもサンミモレベールは落ちにくく、よれたり崩れたりしないので、汗をかく夏場でも、またスポーツや水泳をしてもほとんどベールが落ちません。

親水性タイプで角質に同着しますが
汗口や毛穴はふさがないので
発汗や皮脂分泌を妨害しません。
お肌にやさしい自然派化粧品です。

サンミモレファンデーションは、新生角質に同着すると、疎水性ベールに変わり、まるでお肌にベールを掛けたように自然な美しさを表現しながら長時間にわたって外界の刺激や日焼けから守り、皮脂分泌や発汗を妨害しません。アルガンエキス、セラミド、ヒアルロン酸、水溶性コラーゲン、真珠タンパクエキス配合の、お肌にやさしい自然派化粧品です。しっとりタイプのサンミモレR、さっぱりタイプのサンミモレS、さらにさっぱりとしたアヒレ・ゴールドRがあり、季節や肌の調子に合わせて混ぜてお使いいただくこともできます。

シンプル自然派。
肌にやさしいファンデーション。

お肌の健康と美しさを
同時にかなえる
新しい化粧法。

お肌の健康は ヒフ内部から汗や皮脂が分泌・排泄されることによって保たれています。自然なヒフ呼吸ができるように、サンミモレファンデーションは開発されました。

サンミモレファンデーションは紫外線や乾燥から肌を守りますが、毛穴や汗口を塞ぐことはありません。
そのため、皮脂分泌や発汗を妨げず、常にヒフ呼吸ができるので、ファンデーションをつけていても素肌でいるような、自然の美しい肌を持ち続けることができます。
自然の肌は外界の温度や湿度によって汗腺や皮脂腺から水や油を出して自然のベールを作っていますが、それと同じように親水性のサンミモレファンデーションがお肌に同着すると、疎水性のあるベールとなり外界の刺激や汚れ、紫外線から肌を守ります。

夜はナイトケア法の洗顔で1日の汚れをしっかり落とし肌を整え、たっぷり栄養を与えて就寝すれば若々しい肌が手にはいります。

サンミモレファンデーションの使い方

角質同着法によるサンミモレベールのつくり方をマスターすれば、
美しい“もちもちツヤツヤ肌”がよみがえります。

  • スキンケアファンデーション の使い方
  • サンミモレ ナイトケア法
  • アヒレ ナイトケア法

スキンケアファンデーションの使い方

くちゃくちゃソープ / スキンケアファンデーション / アルガンフェイスジェル

くちゃくちゃソープ / スキンケアファンデーション / アルガンフェイスジェル

くちゃくちゃソープを使って洗顔。

アルガンフェイスジェルを手に取ります。

乾燥肌の方、又は冬場はアルガンフェイスジェルをつけることでしっとりと1日中過ごせます。

ビンをよく振り、たっぷり手のひらに4プッシュ出します。

手のひらに軽く延ばします。

乳液などをつける要領でマッサージするように。

付けにくい髪の生え際、目元、小鼻、お口まわりは指先を使ってよくなじませます。

お水で2〜3回素洗いします。

タオルで水分を取る際は、やさしくこすらないよう押さえてください。

もう一度ファンデーションを重ねてつけます。

01デイケアは朝のくちゃくちゃソープを使った洗顔から始まります。朝の洗顔はソープを使わないとおっしゃる方もいらっしゃいますが、夜の睡眠中は思った以上に汗をかき、叉、ナイトケアの乳液やクリームの成分も残っています。

油分が残っているとファンデーションがしっかりお肌につきません。くちゃくちゃソープを使って洗顔して下さい。

02乾燥肌の方、又は冬場はアルガンフェイスジェルをつけます。
1日中お化粧直しすることなく過ごせます。

03サンミモレファンデーションはスキンケアファンデーションです。
ビンをよく振り、たっぷり手のひらに4プッシュ出します。

04手のひらに軽く延ばしていただき、乳液などをつける要領でマッサージするようにお顔全体につけていきます。

05付けにくい髪の生え際、目元、小鼻、お口まわりは指先を使ってよくなじませます。<br>すべりが止まってピタッとついた感じがしましたらベールの完成です。

06ベールが完成しましたらお水で2~3回素洗いします。
すると毛穴や汗口に残った余分なお粉(微細パウダー)が落ち、さらにつややかな素肌美メイクが完成します。

07タオルで水分を取る際は、やさしくこすらないよう押さえてください。

08もう一度ファンデーションを重ねてつけます。

サンミモレ ナイトケア法

I 洗顔

II 整肌(消毒・殺菌)

III 栄養

アヒレ・クレンジグミルクを使った洗顔

くちゃくちゃソープを使った洗顔

マッサージクリームを使った洗顔

I 洗顔

1. アヒレ・クレンジグミルクを使った洗顔(表面洗顔)

アヒレ・クレンジングミルクは光化学スモッグ、砂塵、黄砂などベールの表面についた外界からの汚れや油性メイク料を浮かせて落してくれます。
アイメイクや口紅など落ちにくいメイクの上に指先でやさしくなじませていただき、汚れやメイク料が浮いてきましたら水で洗い流します。

2. くちゃくちゃソープを使った洗顔(表面洗顔)

くちゃくちゃソープはマリンシルトを主成分とし、プロポリスエキス、ローヤルゼリーエキスを配合した全身にお使いいただける洗顔ソープです。

ホイミニを使って一層きめ細かい泡を立ててやさしくお顔全体を洗っていきます。

ファンデーションが浮いてくるのがお解りいただけると思います。

3. マッサージクリームを使った洗顔(内面洗顔・皮脂腺)

洗顔後のお肌にマッサージクリームを取り、お顔にのばしていきます。
量はさくらんぼより少し大きいくらい。

お顔全体にのばしましたらマッサージしていきます。
このとき目の周りは少々しみることがありますので最後にしましょう。

マッサージクリームは油性タイプです。
このクリームが毛穴の中の汚れを浮かし出してくれます。
毛穴のお掃除が終わりますと油性タイプがお肌の上で親水性タイプに転相します。

くるくるとマッサージしていきますと、最初のうちは手が重くクリームがべとつくような感じがしますが、しばらくすると急にフッと手が軽くなり、お水を含んだようにピカピカと光ってきます。

これが毛穴のお掃除完了の合図。親油性クリームが親水性に転相した瞬間です。 親水性に変わりましたらお水でするっと洗い流していただけます。

これで毛穴のお掃除は完了しました。次は汗腺のお掃除です。

洗顔フォームを使った洗顔

洗顔フォームを使った洗顔

4. 洗顔フォームを使った洗顔(内面洗顔・汗腺)

洗顔フォームで細かい泡をたてていきます。
乾いた状態でフォームの粒子を充分につぶし、空気を含ませていきます。

当社ではガラスの容器とあわ立て用の筆を使いますが、市販のあわ立てネット、また素手でもかまいません。

乾いた状態から始めるのはおなじです。

よく空ねりしていただき、充分に空気を含ませたら少しずつお水を足していきます。 そうしますと粒子の非常に細かい泡クリームができます。

この泡クリームをお顔全体に乗せていきます。
お顔をこすらず、泡をやさしくなでるようにしますと泡でふたをした皮膚の体温が上がり、汗腺内部の老廃物があがってきます。

このあとよくすすいでください。

毛穴、汗腺の内面洗顔をしますと、ナイトケアの化粧水、美容液、乳液がどんどん入っていきます。
翌朝の洗顔時にはお肌の違いをご実感いただけるスペシャルスキンケアです。

くちゃくちゃパックを使った洗顔

くちゃくちゃパックを使った洗顔

5. くちゃくちゃパックを使った洗顔(総合洗顔)

更に週に1~2回はパックをお勧めいたします。
くちゃパックはソープ同様、非常に粒子が細かく、吸着効果が高いマリンシルトがお肌深部の老廃物を取ってくれます。

清潔なお肌に素肌が隠れる程度にのばし、そのまま約10分おきます。
この時、目の周り、口の周りは避けてください。

ぬるま湯でやさしく洗い流します。 パックの後はしっかりと水分と油分を入れておやすみください。

整肌

整肌

II 整肌(消毒・殺菌)

洗顔後やさしくタオルで水分をとっていただきましたら、まずは化粧水、スキンローションでお肌に充分 水分を補給します。
手のひら全体を使い、お顔を包み込むようにしてつけます。

アルガンフェイスジェルを手に取り、お肌に油分の補給をします。

栄養

栄養

III 栄養

エッセンスナイトは美容液、エッセンスオイルAは非常に浸透力の強いアルガンオイルです。
この2つを混ぜ合わせることによってお肌の深部まで栄養と油分をしっかり届けることができます。

最後は489クリームです。
このクリームをつけてゆっくりお休みになり、お肌をしっとり保ちましょう。

目元、口元などを中心に薄くのばしてください。

※いずれもお肌質、季節、ご年齢などにあわせて、ご自分のお肌に合ったものをお選びください。

スキンケアファンデーションの使い方

I 洗顔

II 整肌(消毒・殺菌)

III 栄養

アヒレ・クレンジグミルクを使った洗顔

くちゃくちゃソープを使った洗顔

アヒレ・マッサージクリームを使った洗顔

I 洗顔

1. アヒレ・クレンジグミルクを使った洗顔(表面洗顔)

アヒレ・クレンジングミルクは光化学スモッグ、砂塵、黄砂などベールの表面についた外界からの汚れや油性メイク料を浮かせて落してくれます。
アイメイクや口紅など落ちにくいメイクの上に指先でやさしくなじませていただき、汚れやメイク料が浮いてきましたら水で洗い流します。

2. くちゃくちゃソープを使った洗顔(表面洗顔)

くちゃくちゃソープはマリンシルトを主成分とし、プロポリスエキス、ローヤルゼリーエキスを配合した全身にお使いいただける洗顔ソープです。

ホイミニを使って一層きめ細かい泡を立ててやさしくお顔全体を洗っていきます。

ファンデーションが浮いてくるのがお解りいただけると思います。

その後、充分にすすいでください。

3. アヒレ・マッサージクリームを使った洗顔(内面洗顔・皮脂腺)

洗顔後のお肌にマッサージクリームを取り、お顔にのばしていきます。
量はさくらんぼより少し大きいくらい。

お顔全体にのばしましたらマッサージしていきます。
このとき目の周りは少々しみることがありますので最後にしましょう。

マッサージクリームは油性タイプです。
このクリームが毛穴の中の汚れを浮かし出してくれます。

毛穴のお掃除が終わりますと油性タイプがお肌の上で親水性タイプに転相します。

くるくるとマッサージしていきますと、最初のうちは手が重くクリームがべとつくような感じがしますが、しばらくすると急にフッと手が軽くなり、お水を含んだようにピカピカと光ってきます。

これが毛穴のお掃除完了の合図。親油性クリームが親水性に転相した瞬間です。 親水性に変わりましたらお水でするっと洗い流していただけます。

これで毛穴のお掃除は完了しました。次は汗腺のお掃除です。

洗顔フォームを使った洗顔

洗顔フォームを使った洗顔

4. 洗顔フォームを使った洗顔(内面洗顔・汗腺)

洗顔フォームで細かい泡をたてていきます。
乾いた状態でフォームの粒子を充分につぶし、空気を含ませていきます。

当社ではガラスの容器とあわ立て用の筆を使いますが、市販のあわ立てネット、また素手でもかまいません。

乾いた状態から始めるのはおなじです。

よく空ねりしていただき、充分に空気を含ませたら少しずつお水を足していきます。 そうしますと粒子の非常に細かい泡クリームができます。

この泡クリームをお顔全体に乗せていきます。
お顔をこすらず、泡をやさしくなでるようにしますと泡でふたをした皮膚の体温が上がり、汗腺内部の老廃物があがってきます。

このあとよくすすいでください。

毛穴、汗腺の内面洗顔をしますと、ナイトケアの化粧水、美容液、乳液がどんどん入っていきます。
翌朝の洗顔時にはお肌の違いをご実感いただけるスペシャルスキンケアです。

くちゃくちゃパックを使った洗顔

くちゃくちゃパックを使った洗顔

5. くちゃくちゃパックを使った洗顔(総合洗顔)

更に週に1~2回はパックをお勧めいたします。
くちゃくちゃパックはソープ同様、非常に粒子が細かく、吸着効果が高いマリンシルトがお肌深部の老廃物を取ってくれます。

清潔なお肌に素肌が隠れる程度にのばし、そのまま約20分おきます。
この時、目の周り、口の周りは避けてください。

約20分くらいして乾き、手につかなくなりましたら完了です。

ぬるま湯でやさしく洗い流します。 パックの後はしっかりと水分と油分を入れておやすみください。

整肌

整肌

II 整肌(消毒・殺菌)

洗顔後やさしくタオルで水分をとっていただきましたら、アヒレ・モイスチャーローション(R・S)でお肌に充分 水分を補給します。
手のひら全体を使い、お顔を包み込むようにしてつけます。

アヒレ・ホワイトジェル(R・S)を手に取り、お肌に油分の補給をします。

栄養

栄養

III 栄養

アヒレ・モイスチャーエッセンスは美容液、エッセンスオイルAは非常に浸透力の強いアルガンオイルです。
この2つを混ぜ合わせることによってお肌の深部まで栄養と油分をしっかり届けることができます。

就寝前にアヒレ・エッセンスクリームをつけて、お肌を保湿します。

目元、口元などを中心に薄くのばしてください。

※いずれもお肌質、季節、ご年齢などにあわせて、ご自分のお肌に合ったものをお選びください。

銀座サロンのご紹介

銀座サロンでは、ご予約ひとつでいつでも、サンミモレファンデーションによる角質同着法をはじめ、
洗顔方法やお手入れも方法も、実習を交えてアドバイス・ご指導させていただきます。
ドリンクサービスもございますので、お気軽にお立ち寄りください。

サンミモレ化粧品 銀座サロン

■ 所在地

〒104-0061
東京都中央区銀座1丁目3番地3号
銀座西ビル3F

TEL(フリーダイヤル):0120-883-370

■ 営業時間

平 日 9:30~17:00 (受付終了 16:30)
第1・第3 土曜日 9:30~13:00 (受付終了 12:00)
なお、土曜日は電話が留守番電話となっているため
申し訳ありませんがお電話による問い合わせはできません。

■ 休業日

日曜・祝日・年末年始・夏季休業日

■ アクセス

JR山手線 有楽町駅下車 徒歩 4分

東京メトロ
日比谷線 / 銀座線 / 丸の内線 銀座駅下車 徒歩 7分
有楽町線 銀座一丁目駅下車 徒歩 2分
銀座線 京橋下車 徒歩 5分

都営浅草線 東銀座駅下車 徒歩 12分

よくあるご質問

サンミモレファンデーションの特徴

Q1『角質同着法®』とはどういう意味ですか?

A1

サンミモレファンデーションを手のひらに10円玉くらいたっぷりとり、お肌をマッサージするようにお顔全体に万遍なく、すべりが止まるまで塗ります。
塗り込むことによって皮膚にぴったりと同着します。親水性が疎水性ベールに変化するのです。
このベールは毛穴や汗口を塞がないので、分泌・排泄を妨害せず、自然なヒフ呼吸ができます。
この様にファンデーションが肌にしっかり同着する体感指導法のことを言います。

Q2『サンミモレベール』とは?

A2

角質同着法で同着したファンデーションは、ヒフに『サンミモレベール』を作ります。
『サンミモレベール』は、毛穴と汗口を塞がないので分泌・排泄を妨害しません。
皮脂分泌や発汗を妨げないので、常にヒフ呼吸ができます。ファンデーションを付けていても素肌でいるような、自然の美しい肌を持ち続けることができます。
自然の肌は外界の温度や湿度によって汗腺や皮脂腺から水や油を出して自然のベールを作っていますが、それとよく馴染んで皮脂膜の強化を図ります。
親水性のサンミモレファンデーションがお肌に同着すると、疎水性のベールとなり外界の刺激 (塵埃・黄砂・大気汚染・有害紫外線)から肌を守ります。

サンミモレファンデーションの使い方

Q1一般的な下地クリームを使って大丈夫ですか?

A1

絶対に使えません。
サンミモレのファンデーションは親水性なので、お顔に油分がついていると角質同着法でサンミモレベールを作ることができないのです。
一般的な下地クリームは油性です。油性入りのクリームを下地に塗れば汗で油分が押し上げられてサンミモレベールが崩れてしまいます。その為に油性の下地クリームは絶対使えません。
基本的には下地なしで、洗顔後直接ファンデーションをお顔につけます。
但し、乾燥肌の方や冬にお肌が乾燥する時は、当社のアルガンフェイスジェルを使用することによって、一日中お化粧直しすることなくしっとり過す事ができます。
アルガンフェイスジェルの油分は超微粒子なので素早く角質内部の顆粒層、有棘層へ浸透して角質には残らないので、サンミモレファンデーションは角質同着ができるのです。

Q2どうして下地をつけなくて大丈夫なのですか?

A2

一般的にはどうして下地をつけるのでしょうか? 一般的にお化粧法はお顔を美しく見せる化粧法ですから、毛孔を埋める化粧下地をつけてから、ファンデーションを塗り、パウダーで押さえて美しく見せます。また、肌から出る汗などで化粧崩れをしないように油性の下地が必要です。しかし、サンミモレファンデーションは親水性タイプなので、毛孔や汗口(皮脂腺 汗腺の出口)を塞がず、角質そのものに同着するから化粧下地は必要ないのです。

Q3どの位の量を手に取って顔につければよいですか?

A3

4〜5プッシュ約十円玉くらいの量をたっぷり手のひらにとり、乳液を塗る時の様に手のひらや指先を使って、瞼の周りから小鼻の横まで万遍なく顔に塗り込みます。マッサージの要領で馴染ませていくうちに、すべりが止まる時が同着の完成の合図です。そこで余分なファンデーションは水か微温湯で洗い流すと、疎水性のある奇跡のベールが完成します。それぞれにご自分にあったたっぷりな必要量は自然に分かってきます。

サンミモレのファンデーションを使いたいのですが

Q1どこへ行けば買えますか?

A1

デパートやスーパーやコンビニでは販売していません。
まず試用見本を正しく使っていただき、気に入った方に販売しています。
ホームページから簡単に申し込めますので、まず試して下さい。
他社の使用方法で使うと間違いがあっては困るからです。

Q2アトピー体質ですが、使ってだいじょうぶですか?

A2

アトピー体質の方々 肌が弱くほかの化粧品が合わなかった方々が沢山使っていらっしゃいます。
サンミモレベールは常にヒフを外界からまもります。その為、敏感肌の方、アトピーの方が使っていると知らない間にアトピーが気にならなくなるようです。
但し、万が一お肌に合わないときはすぐに使用を中止して下さい。

Q3アンチエイジングの化粧品と聞きましたが?

A3

朝の洗顔とサンミモレファンデーションで昼間の有害紫外線・乾燥・汚れからお肌を守り夜は洗顔・整肌・栄養補給と正しいナイトケアをすると、アンチエイジングの化粧品と言って過言ではありません。
ナイトケアについてはナイトケアの項目をご覧ください。

Q4スイミングやジムに通っているのですがプールでは顔を付けて泳いでも大丈夫ですか?

A4

しっかり同着していれば汗や水で取れることはありませんし、プールの水を汚すこともありません。