どの位の量を手に取って顔につければよいですか?

4〜5プッシュ約十円玉くらいの量をたっぷり手のひらにとり、乳液を塗る時の様に手のひらや指先を使って、瞼の周りから小鼻の横まで万遍なく顔に塗り込みます。マッサージの要領で馴染ませていくうちに、すべりが止まる時が同着の完成の合図です。そこで余分なファンデーションは水か微温湯で洗い流すと、疎水性のある奇跡のベールが完成します。それぞれにご自分にあったたっぷりな必要量は自然に分かってきます。

お知らせ一覧に戻る